松浦史料博物館

松浦史料博物館による動画紹介

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

大名家の歴史を堪能松浦史料博物館へようこそ!

松浦史料博物館は、鎌倉時代から続き、平戸をはじめ壱岐をふくむ長崎県北を治めた平戸藩主松浦家に伝来した資料を保存・公開する長崎県で最も歴史を有する博物館です。

建物は、明治26年(1893)に松浦家の私邸として建てられた「鶴ヶ峯邸」を利用しています。
平戸は地理的環境から古代より海外交流の歴史があります。対外貿易関係やキリスト教に関係する資料、
それらにまつわる貴重な古文書類などがあり、多くの研究者も訪れています。
そして、海外交流関係に視点がおかれがちですが、収蔵資料はその範囲にとどまりません。
歴代当主・藩主にも個性豊かな人物がいたため、興味深い歴史資料・美術品も多く収蔵しています。
その中でも江戸時代後期の平戸藩主であった松浦静山のコレクションは特別です。
静山は平戸城内に楽歳堂(らくさいどう)という現在の博物館のような施設を設置しました。
そこに当時としても貴重な文物を収蔵します。対象は国内、海外の様々な分野に及んでいます。
それらの多くが現在の松浦史料博物館に受け継がれています。
これらの資料は国内のみならず海外の研究者にもその価値が認められつつあります。
貴重な成果が21世紀の今日でも発信されているのです。

※ 動画で紹介している資料は展示していない時があります。