松浦史料博物館

松浦史料博物館による動画紹介

松浦家の歴史

江戸時代、平戸藩6万石余りを治めた平戸藩主松浦家は、
その出自が平安時代までさかのぼる大変古い歴史があります。
平家が滅亡した壇ノ浦合戦では水軍を率い平家方として参戦し、
鎌倉時代の蒙古襲来において防戦に参戦した史料があります。

江戸時代の平戸藩領は、平戸島をはじめとして、 おおよそ現在の佐世保市から北松浦半島、壱岐市、五島列島の一部をふくむ範囲です。
鎌倉・南北朝時代における松浦家は、平戸島北部と五島の小値賀(おじか)等を領する「海の武士団」
松浦党(まつらとう)の一氏にすぎませんでしたが、室町時代の1400年代半ば頃より
松浦党内部において勢力を伸ばし戦国大名となりました。
これだけ勢力を伸張させることができた背景には、海外交易による経済的発展と
鉄砲等の武器輸入が考えられています。

天正15年(1587)、豊臣秀吉の九州平定時に、
当時の領主松浦鎮信(法印:1549−1614)がその領地を認められました。
松浦家は文禄・慶長の役(壬辰・丁酉の倭乱)では、朝鮮半島に渡海し足掛け7年にわたる激戦に投入されました。

関が原の戦いにより天下人となった徳川家康により江戸幕府が開かれます。
豊臣氏との関係の深かった松浦家は、その動向を疑われたようです。
慶長18年(1613)には完成したばかりの居城(日の岳城:現在の平戸城同所)を
松浦鎮信(法印)自ら放火し焼き払いました。

しかし、徳川綱吉が5代将軍となってから状況が変化し、平戸藩主は幕府内で厚遇されました。
将軍綱吉のもと、平戸藩4代藩主松浦鎮信(天祥:1623−1703)・5代藩主松浦棟(1646−1713)は
幕府内部で登用され、特に5代藩主棟は外様大名ではじめてとなる江戸幕府の寺社奉行に任命されました。
江戸時代初期「鎖国」以前には、平戸オランダ商館・平戸イギリス商館を開設させるなど、
松浦家は外交に通じた大名家でもありました。また、江戸時代後期の9代藩主静山(清)は
「学芸大名」ともいわれ、当時一流の文化人として有名です。12代藩主松浦詮の時代に明治維新を迎えます。
これは、平安時代末期より当地域を治めた松浦家の歴史において大きな転換点となりました。

松浦家年表

代数 当主 西暦 和暦 松浦家関係記事 国内 海外
1 嵯峨天皇第18子 融、姓 源氏・家紋三星を賜い臣下に下る。
2 894:遣唐使廃止
3 935:新羅滅亡
936:高麗、朝鮮半島統一
4
5
6 1019 刀伊(女真族)の入寇。
前肥前介 源 知 これと戦う。
7
8 1069 延久1 この年、久、下松浦志佐郷今福に下向したとされる。
久、松浦をもって姓とするという。
9 1151 仁平1 源 直、預所下文を賜う
1183 寿永2 「平戸」の地名初見される。 1181:平清盛 没
1185 文治1 松浦党、壇ノ浦の合戦に水軍を率い平家方として参戦。 1185:壇ノ浦にて平家滅亡
1191 建久2 栄西、宋より帰国の途中、平戸島 葦ヶ浦に寄泊。 1187:栄西 2度目の入宋
10 1192 建久3 源 披、平戸島 紐差の地頭職を安堵される。 1192:源頼朝 征夷大将軍となる
11 1229 安貞3 源 持、上五島 小値賀の地頭職を安堵される。 1202:栄西、建仁寺を創建 1226:倭寇高麗を襲う
12
1235 嘉禎1 栄尊・聖一国師ら、入宋の途中平戸に滞在。
13 1271 文永8 源 湛、平戸島内の平戸・河内、小値賀等の地頭職を安堵される。 1260:蒙古、フビライ即位
14 1271:蒙古、元と称す
1274 文永11 蒙古襲来(文永の役)で元軍、対馬・壱岐を襲い平戸島近海にいたる。
1281 弘安4 蒙古襲来(弘安の役)で元軍平戸島近海に集結。再び日本を襲う。 1279:元、南宋を滅ぼす
1287 弘安10 松浦一族、一揆して鎌倉に恩賞を要求。 1333:鎌倉幕府滅亡
15 1336 延元1 1336:室町幕府開府、天皇吉野へ移る
建武3 源 定、南朝方につく。
16 1338:足利尊氏征夷大将軍となる
1339 延元4 1339:後醍醐天皇没
暦応2 松浦一族、恩賞不足により一族一揆。
1343 興国1 1350:倭寇この年より激増
康永2 源 定、武家方につき本領安堵される。
1384 元中1 1368:元滅び、明興る
至徳1 松浦一族、一揆契諾を結ぶ。(平戸・源 湛 )
1388 元中5
嘉慶2 松浦一族、一揆契諾を結ぶ。(平戸・肥前守 湛、石見守 武、若狹守 廣)
1392 元中9 1392:南北朝合体 1392:高麗滅び李氏朝鮮興る
明徳3 松浦一族、一揆契諾を結ぶ。(平戸・若狹守 廣)
17
18
19
20 勝、芳、近隣の松浦一族に攻められ戦死という。
21 1436 永享8 平戸近隣の松浦一族、一揆契諾を結ぶ。(平戸 肥前守 義) 1441:将軍足利義教暗殺
1456 康正2 義、朝鮮に歳遣船を派遣。
1458 長禄2 義上洛し、将軍義教の菩提寺普光院に参詣。銭300貫を寄進。細川氏を通し
遣明船の類船を望み許される。 1467:応仁の乱起こる
22 豊久 1471 文明3 豊久、朝鮮に歳遣船を派遣。
23 弘定 1479:イスパニア王国成立
1491 延徳3 弘定、有馬・大村氏等に攻められ大内氏をたより博多へ。 1498:ヴァスコ・ダ・ガマ、インドに達する
1492 明応1 弘定、平戸帰還。 1510:ポルトガル人、ゴア占領
24 興信 1517:ルター宗教改革
25 隆信 1541 天文10 隆信13才で領主となる。 1534:イエズス会設立
この頃、明の海商、倭寇の頭目、王直平戸に本拠をおく。 1543:ポルトガル人種子島漂着鉄砲伝来
1550 天文19 ポルトガル船初めて平戸入港、フランシスコ・ザビエル鹿児島より平戸に来る。 1549:ザビエル鹿児島に来る
1555 弘治1 隆信、イエズス会インド管区副管区長メルシオールに書簡を送る。
1557 弘治3 王直、明において捕らえられ、後に処刑される。 1557:ポルトガル、マカオの居住権を獲得
1561 永禄4 平戸宮の前事件でポルトガル人船長ら14名殺害される。
1562 永禄5 ポルトガル船、平戸を避け大村領横瀬浦入港。 1558(〜1568):倭寇、明沿岸・東南アジア沿岸を襲う
1564 永禄7 平戸に天門寺(み孕みのサンタマリア教会)建設。ポルトガル船平戸に入港。
1565 永禄8 ポルトガル船、大村領の長崎福田港入港。松浦家の兵船と堺の商船、福田港のポルトガル船を襲撃。(平戸でのポルトガル貿易の終わり。) 1569:織田信長キリスト教布教許可 1571:スペイン、マニラを建設
1571 元亀2 隆信、壱岐を領有する。 1573:室町幕府滅亡 1581:オランダ独立宣言
26 鎮信 1587 天正15 豊臣秀吉の九州平定に参加。秀吉より領知安堵の朱印状を発給される。 1582:本能寺の変 1588:イギリス、イスパニアの無敵艦隊を破る
キリシタン禁制発令を受け宣教師は生月で対応を協議。 1587:豊臣秀吉キリシタン禁制発令。
1592 文禄1 鎮信・久信、小西行長の第一軍に属し朝鮮半島に渡る。 1592:文禄の役(壬辰倭乱)始まる
1593 文禄2 スペインのフィリピン長官使節、平戸に来る。肥前名護屋城の秀吉に取り次ぐ。 1596:サンフェリぺ号事件
1597:長崎で26聖人殉教
1597:慶長の役(丁酉再乱)始まる
1598 慶長3 鎮信・久信、朝鮮半島よりもどる。 1598:豊臣秀吉没
27 久信 1599 慶長4 隆信(道可) 没。松浦家の有力キリシタン家臣、籠手田氏一族長崎逃亡。
1600 慶長5 関ヶ原の戦い。 1600:オランダ船、リーフデ号豊後に漂着 1600:イギリス、東インド会社設立
28 隆信 1603 慶長8 隆信(宗陽)13才で元服。祖父鎮信に伴われ駿府の家康に謁する。 1603:江戸幕府開府 1602:連合オランダ東インド会社(VOC)設立
1604 慶長9 鎮信(法印)南洋渡航の朱印状を受ける。
1605 慶長10 リーフデ号の乗組員を、鎮信(法印)の仕立てた朱印船で送還する。
1609 慶長14 オランダ船2隻平戸入港。ウィリアム・アダムズ平戸に来る。 1609:己酉条約結ばれる
平戸オランダ商館開設。 (朝鮮との国交回復)
1613 慶長18 イギリス船平戸入港。平戸イギリス商館開設。
鎮信(法印)、居城である日の岳城を自ら焼き払う。
鎮信(法印)イギリス国王に書簡を送る。
1616 元和2 オランダ・イギリス貿易、長崎と平戸に限定される。 1614:大坂冬の陣
1619 元和5 平戸のオランダ・イギリス同盟成立。 1615:大坂夏の陣
1620 元和6 ウィリアム・アダムズ平戸で没す。
1623 元和9 平戸イギリス商館閉鎖。 1622:元和大殉教
1624 寛永1 鄭成功平戸に生まれる。 1624:イスパニア船の来航禁止 1624:オランダ台湾占領
1634:長崎に出島築造
1635:唐船貿易を長崎一港に限定
1636:出島完成、ポルトガル人収容
29 鎮信 1637 寛永14 鎮信(天祥)藩主となる。 1637:島原の乱
1640 寛永17 平戸オランダ商館の破壊を命じられる。 1639:ポルトガル人 日本追放
1641 寛永18 平戸オランダ商館閉鎖。長崎出島に移転。 1644:明滅亡
  1646:鄭成功 清に対して挙兵
1648 慶安1 鄭成功 幕府に明朝回復の援助を求める。
1655 明暦1 山鹿素行の弟、平馬、松浦家家臣となる。 1665:山鹿素行赤穂幽閉 1662:鄭成功 台湾のオランダ軍排除 同年没
  1689:長崎に唐人屋敷築造
30 1691 元禄4 棟 幕府の寺社奉行となる。 1702:赤穂浪士吉良邸討ち入り
1704 宝永1 平戸城を、日の岳城跡に再築。享保3年完成。 1707:イギリス、大ブリテン王国成立
31 篤信 1713 正徳3 篤信 藩主となる。 1715:近松門左衛門『国姓爺合戦』著す
32 有信 1727 享保12 有信 藩主となる。
33 誠信 1728 享保13 誠信 藩主となる。
1745 延享2 山鹿素行の孫、高道 松浦家家臣となる。
34 1775 安永4 清(静山)藩主となる。 1772:田沼意次 老中となる 1776:アメリカ独立宣言
1779 安永8 藩校 維新館創設。樂歳堂文庫創設。 1774:「解体新書」刊行
1782 天明2 平戸オランダ商館時代のオランダ船錨海中より発見、引き揚げられる。
1788 天明8 司馬江漢、平戸を訪れる。 1787:松平定信 老中となる
  1789:フランス革命
1800 寛政12 佐藤一斎 平戸を訪れ維新館で講義。 1799:連合オランダ東インド会社解散
1802 享和2 坂本天山を招き、砲術を藩士に伝授。 1803:アメリカ船 イギリス船長崎来航
35 1806 文化3 熈 藩主となる
1813 文化10 伊能忠敬第八次測量で平戸を訪れる。 1808:イギリス軍艦フェートン号長崎侵入
1821 文政4 清(静山)『甲子夜話』の稿をおこす。
1835 天保6 中山忠能に嫁いだ静山第11女 愛子、明治天皇生母 慶子を生む。 1840:アヘン戦争
36 1841 天保12 清(静山)没。 1837:大塩平八郎の乱が起きる 1841:イギリス香港占領
1849 嘉永2 壱岐沖に異国船現れる。 1844:オランダ王、開国を勧告
1850 嘉永3 吉田松蔭 平戸遊学。 1853:ペリー浦賀来航
1852 嘉永5 慶子 明治天皇を生む。
1854 安政1 外国艦船各所に出没。
37 1858 安政5 詮 藩主となる。 1858:安政の大獄はじまる
1859 安政6 勝海舟、オランダ医師ポンペ一行平戸を訪れる。 1859:長崎・函館・神奈川開港
1860 万延1 イギリス船平戸近海測量、外国艦船平戸瀬戸通過。平戸瀬戸に砲台設置。 1860:桜田門外の変
1868 明治1 戊辰戦争・鳥羽伏見の戦いに在京藩士参戦。秋田角館近辺の戦いに藩士参戦。 1864:四国艦隊下関砲撃事件 1861:アメリカ南北戦争(〜65)
1871 明治4 平戸藩を廃し長崎県に併合。 1867:大政奉還
1880 明治13 猶興書院を創設。 1871:廃藩置県
1893 明治26 鶴ヶ峯邸竣工。(現在の松浦史料博物館建物) 1873:キリスト教解禁 1897:朝鮮、韓国と改称(〜1910)
38 1925 大正14 日蘭協会(会長 松浦厚)通交300年を記念し平戸に記念碑建設。 1914:第一次世界大戦(〜18)
1927 昭和2 平戸イギリス商館記念碑建設。 1939:第二次世界大戦開始
39 1955 昭和30 財団法人松浦史料博物館設立のため土地、建物、資料寄贈。 1949:中華人民共和国成立
財団法人松浦史料博物館創設。平戸市制施行。 1950:朝鮮戦争勃発
40 1969 昭和44 昭和天皇・皇后平戸行幸。
1977 昭和52 平戸瀬戸に平戸大橋開通。
41 1990 平成2 オランダ皇太子平戸訪問。 1981:ローマ法王ヨハネ・パウロ2世 1998:香港中国返還
1999 平成11 フランシスコ・ザビエルの聖腕平戸に巡回され記念ミサ開催。 長崎訪問。 1999:ポルトガル領マカオ中国返還
2000 平成12 日蘭修好400周年記念行事を長崎県全体で開催。
2002 平成14 第22回 全国豊かな海づくり大会(佐世保市)
天皇・皇后平戸行幸。松浦史料博物館御視察。