22日、第7回平戸大心茶会を開催致しました。

濃茶席では、松浦家41代目当主(茶道鎮信流宗家)松浦章が席主にはいられ、お客様へおもてなしを致しました。今回の主菓子は、「百菓之図」の中に描かれている「青茶巾」を平戸の3軒のお菓子屋さんへそれぞれのお店の解釈で作って頂き、お客様へお好みでお召し上がり頂きました。
薄茶席では、今回初めての試みと致しまして、高等学校の茶道部・同好会の生徒さんに参加をして頂き、お点前やお運びなど実際の茶会を体験して頂きました。点心席では、平戸の食材を使用し作りました点心をお召し上がり頂き「おいしかったです」とお声を頂き、嬉しく思いました。

台風の影響でお足元の悪い中たくさんのお客様にお越し頂きまして、本当にありがとうございました。

カテゴリー: イベント茶会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です